現物取引と信用取引の違いや押さえるべきリスク

株式取引を行なうにあたり、自分が作った証券口座に資金を預け、実際に購入する株式の数量と株価の兼ね合いで必要な金額が決まります。
例えば10万円を口座に入金しておき、1株900円の株を100株注文する場合は90,000円が必要になります。(厳密には約定したら手数料も発生)

株式投資をする上では、このような自己資金よりも多くの株を購入することも可能です。
今回はこの辺りをまとめていきます。

株式投資の現物取引

現物取引とは、先ほども書いたように自分が証券口座に入金した金額の範囲内で行なう株式取引です。
10万円を証券口座に入金していれば10万円分まで、厳密には約定時に手数料が発生するのでそれ以下の金額分までが購入できます。

この現物取引は一般的に多くの人が実践しており、特に初心者にはオススメの取引方法と言えます。
最大のメリットは自分が証券口座に入金した範囲内での取引となりますので、自分が入金した以上の資金が無くなることはありません。
株式投資の場合、0か100かの投資ではないので、入金したお金が完全にゼロになるということは比較的少ない方ですが、それでも最悪の場合を見越しても10万円なら10万円が無くなる、というリスク範囲が明確になります。

一方でデメリットとしては自分の手持ち資金が少なければ、その範囲でしか株を購入できないので、購入できる企業の選択肢が狭まったり、株価の変動が少ない企業の場合は大きな値上がり益も期待しづらいため稼ぐのに時間が掛かるということが言えます。

とはいえ、投資をするにあたって自己資金で賄い、少しずつでも資産を増やしていくというのが王道と言いますか、堅実な投資手法だと言えます。

株式投資の信用取引

信用取引とは、自分が証券口座に入金した現金、あるいは保有する株式を担保として証券会社にお金を借り、現物取引以上の金額で取引ができる株式取引です。

例えば10万円を口座に入金して信用取引をする場合、3倍の30万円まで取引が可能になる、といった仕組みです。
この倍率は証券会社によって異なりますが、おおよそ3倍程度となっています。

信用取引のメリットは前述の通り自己資金以上の資金を扱うことが出来るため、自己資金では買うことの出来ない企業の株が買えたり、株式数を増やすことが可能になります。
信用取引で購入する株を信用買い、売ることを返済売りと言ったりします。

このように自己資金以上の資金を扱うことを「レバレッジを掛ける」とも言いますが、分かりやすく言えば「少し背伸びをする」とも表現できます。

そのため、チャンスが来た際に資金が理由でそのチャンスを逃してしまうリスクがあり、そのリスクを回避するために利用することもできます。
しかし、当然ですが損した場合も自己資金以上の損を被ることになりますので、現物取引以上にハイリスクとも言えます。

もし信用取引で損をしてしまい、証券会社に借りた分のお金を返せない場合、追証(追加保証金)と言って足りない分を追加で支払う必要があります。

このように信用取引は稼げるチャンスが広がる一方で損する金額も大きくなります。
ですので、間違っても自己資金が足りないにも関わらず、ただ儲けたいがために信用取引をするのはかなりリスクが高いといっていいでしょう。

なぜ信用取引があるのか?

では、なぜ信用取引なるものを証券会社は提供しているのか?
理由としては、やはり自己資金が足りないことによって投資の機会が減り、株式取引に参入する投資家が減ることをサポートするためと言われています。
証券会社としては証券口座を登録してもらい、取引してもらうことで初めて手数料が発生し、その手数料が収入となります。
ですから証券口座を開設してもらっただけでは何のお金にもなりませんし、取引が少なく消極的な状況も好ましくありません。

そこで少しでも資金の問題で投資をためらっている人をサポートするための仕組みと言えます。
ある意味で消費者金融やローンと似ているとも言えるかもしれません。

信用取引には条件がある

とはいえ、先ほども書いたように自己資金以上の資金を扱えるようになる信用取引は特に投資経験が浅い初心者の方には非常にリスクが高いと言えます。
当然、失敗して借金まみれに、となってしまうことは証券会社側も望んでいません。
そのため、信用取引をするための条件を設けている証券会社が多く存在します。

例えば私が口座を持っている楽天証券の場合、そもそも通常の証券口座開設をしただけでは信用取引は出来ません。
その後に、追加で信用取引用の口座を開設する必要があります。
つまり、何となく勢いでやってしまうのではなく、きちんと自分の意志で信用取引口座を開設し、その準備が出来た人だけが取引できるという流れになっています。

また、楽天証券の場合は審査基準も設けています。
一部ですが抜粋しますと、

・他社を含め、信用取引あるいは一定の現物株式取引の投資経験がある
・金融資産が100万円以上ある

といった基準を設けています。(2019年5月時点)
これまでに株式取引の経験があるかどうか、そして資産として100万円以上持っているか、ということを問われるのです。

つまり、遠回しに「株式投資が初心者で、資産も少ない人は出来ませんよ」と言ってくれているのです。
それだけ信用取引はリスクがあり、しっかりと経験を積み、万が一に備えて追証が発生しても支払えるだけの能力がある人でないと出来ないと言えます。

現物取引で資産構築が現実的

現物取引と信用取引についてまとめてみましたが、結局のところ信用取引は株式投資の経験が豊富な人にしか扱えない取引と言えます。
また、長年株式投資をしていて経験豊富な人でさえ、現物取引でしか投資はしない、というルールを決めている人もいます。

私も現物取引でしか株式投資はしない、という考え方の一人です。
何事もそうですが、自分の能力以上のことをしようと思ったらリスクや痛みが伴います。
例えば、筋力トレーニングで自分の限界を少し超えた負荷を掛けた場合、その後は確実に筋肉痛になるでしょう。
(もしならなければ、それは限界を超えているとは言えないかもしれません…)
この場合は筋肉痛だけで済むと言えば済む話ですが、実際にお金が絡んだらそう気楽な話ではなくなります。

もちろん、現物取引でも損をすれば痛手となりますし、失敗を経験することで成功に繋がるのは間違いありません。
しかし、自分の限界をはるかに超えてしまう必要はありません。先ほどの筋力トレーニングの例で言えば、「少し」限界を超えるから良いのであって、到底自分の肉体では難しいトレーニングをしてしまえば、最悪の場合骨折や肉離れといった重症になりかねません。

筋肉痛になる程度の負荷がちょうど良いのです。
それも経験を積めば積むほど、同じ重さのダンベルなら徐々に筋肉痛は減り、こなせる回数も増えるでしょう。
いわば、それが株式投資で言えば利益となって還元されるとも言えます。

私は筋トレオタクではありませんが、まさに株式投資も筋力トレーニングも同じと言えますね。

もちろん、信用取引が一概に悪いわけではなく、しっかりとリスクを認識したうえで取引できれば自己資金以上の利益を得ることもできます。

いずれにしても、双方のメリットデメリットと自分自身の経験値や資産状況を加味したうえで判断するのが賢明と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA