株で稼ぐためには?値上がり益と配当金の基本

株式投資をするにあたって大前提と言えることは「株で稼ぐ」ことに他なりません。
株を買って損したい人はいませんからね。
そんな言うまでもないことを書きましたが、実際にどうやったら株で株で稼げるのか?その基本をまとめていきます。

値上がり益を狙う

株で稼ぐための最も一般的な仕組みは値上がり益を狙うことです。
私は自ら物販事業を経営していますが、それに似ており、「安く仕入れて高く売る」の原則です。

株の場合は安く買って高く売るですね。

1株あたり100円で100株買い、1株あたり1000円で売れれば、手数料などを差し引いても8,000円以上の利益が出ます。
それはその通りですが、全員が全員そう上手くいくとは限りません。
値上がり益の仕組みそのものは非常にシンプルですが、実際に安く(現実的には適正なところで)株を買い、高く株を売る(現実的には利益が確定するところで売る)というのは言葉で書くほど簡単なことでもありません。

その最大の理由は、株式市場には買う側と売る側、双方の思惑があるからです。
この点については後程詳しくアウトプットしていきます。

配当金を受け取る

値上がり益以外に株で稼ぐための仕組みは配当金を受け取ることです。

配当金とは企業ごとに設定された時期と金額に沿って、自分が保有している株式数に応じた配当を得られることです。
例えば1株当たり10円の配当金を設定しており、100株保有していれば1,000円、1000株保有していれば10,000円が入ってきます。
各企業ごとに配当金が確定する権利確定日が設定されており、その権利確定日の時点で自分が保有している株式数に応じた配当金を受け取ることが出来るのです。
配当金を出すかどうかは企業次第なので、ある会社もあれば無い会社もあります。

では、企業はどうやって配当金を出しているか?
この辺りも企業によって様々ですが、基本的には最終的に残った利益から配当金を出す場合が一般的です。

若干話が逸れますが、「一般的」と書いたのは例外もあり、例えば利益が出ていないのに配当を出す会社もあります。
本来、配当とは余剰利益、つまり余ったお金から出すものです。なぜなら配当金を出すかどうかは自由であり、強制ではありません。
配当金が出せるということは、それだけ事業が安定して儲かっており、その分だけ「配当金がある」ということで企業としては更に株を買ってもらいやすくなる材料となります。
そのため、利益が出ていないのに配当金を出している会社は要注意です。本来は配当金を出す余裕がないのに、投資家に好材料を提供するために出しているケースもあるからです。そういった場合に、うかつに配当金が出ているから、という理由で株を買い、その後に業績悪化で配当金は停止、更に株価も下がる、という失敗もあり得るのです。

話を戻しますが、つまり配当金とは出資者側からすればボーナス的なもので、企業側からすれば自社の株を保有してもらっている(買ってもらっている)ことへの謝礼的な仕組みです。
株主から集めた資金で事業を展開し、その結果として事業が上手く回って利益を出し、人件費や家賃、税金などの諸経費を支払い、最終的に残った利益を株主に還元していることになります。

前述の通り配当金は1株あたり数円~数十円が一般的ですので、保有する株式数が少ないとお小遣い程度ですが、資金を増やして株式数を増やせば配当金だけで生活できる、ということも可能になります。

株主優待を受ける

株主優待は配当金と似ていますが、各企業が設定する権利確定日に保有する株式数に応じて、各企業が決めた内容を株主へ還元する仕組みです。

代表的な例では、100株以上保有している人には1,000円分の商品券を贈るとか、その会社が店舗型サービスを展開していれば、その店舗で利用できる割引券を贈るとか、現金以外の形で株主に還元します。

株主優待そのものは「株で稼ぐ」という意味合いとは少し異なりますが、株式を保有していることによって得られるものであることに違いはありません。

よく企業の指標をみる際に配当利回りという用語とパーセンテージが使われます。
配当利回りとは、自分が購入した時点での株価に対して、1年間でどれだけの配当を受けることができるかを示す数値です。
例えば1株1,000円の株を買って1年間で20円の配当が得られる場合、配当利回りは2%となります。(計算式は20÷1000=0.02=2%)
この配当利回りをチェックすることも株で稼ぐためには重要な指標ですが、これに加えて株主優待がある企業は実質配当利回りという指標も出てきます。

例えば、先ほどと同じように1株1,000円の株を買って1年間で20円の配当が得られる場合、配当金に加えて1,000円分の商品券が株主優待として得られるとします。そうすると、配当金2,000円に1,000円分の商品券が加わるので実質的には3,000円を得らえる計算となります。
この場合、配当利回りは2%ですが、実質利回りは3%となります。

株主優待の内容は企業ごとに異なるので、この辺りは自分の普段の生活にも直結する部分です。
例えば、よく利用するスーパーを運営する会社の株を買い、株主優待として2,000円分の商品券がもらえる、という内容だったら価値があります。
このように、直接的にお金が入ってくる値上がり益や配当金とは別に株主優待の内容次第で株を保有しているからこそ受けられる恩恵も存在します。

値上がり益を狙うには投資家心理が重要

株で稼ぐには最初に書いた値上がり益を狙う手法が一般的です。
安く買って高く売る。これに尽きます。
しかし、先ほども書いたようにそれが簡単に出来れば苦労しません。

では、なぜ株価が値上がりするのか?そしてどうやったら安く買えるのか?
この辺りは投資家同士の読みあい、心理戦とも言えます。

分かりやすい例を出してみます。
ある会社が業績不振で予想を下回る決算報告をしたとしましょう。こういった場合、一般的な投資家心理からすれば「売り」であり、業績不振に陥っている会社の株を買いたいという人は少ないでしょう。(あくまでも一般論です。)
そうすると株価は下がります。しかし、実はこの業績不振の原因が一時的なものであり、次の期になれば改善される可能性が高い場合、この時点での株価の値下がりはチャンスとなります。
一般的に買いたくない状況である時にあえて買う。心理的に言えば逆を突く戦略を取ることで、安く買って後の株価上昇を待ち、高く売ることが出来ます。

また、一般的に株を買う時も売る時も今の時代はスマホやパソコンがあればインターネット上で取引が完結します。
つまり、誰かと会ったり、どこかの会場に行かなければ取引出来ないわけではありません。

画面上では淡々と数字が動き、株価が上がったり下がったりします。
では、その株価を動かしているのは誰でしょうか?

他でもない、私たち投資家です。

もちろん、一部は企業側が自社株買いや関連企業による取引も行われていますが、多くは投資家同士、あるいは投資を行なう組織同士の取引です。
つまり、株式市場に参入した瞬間から、誰もが自分は安く買いたいと考え、誰もが高く売りたいと考えます。
しかしながら、実際には自分が思っているより高く買ってしまい、損をしてしまうことも珍しくありません。

株価は買いたい人と売りたい人の取引で決まります。この辺りは別でまとめますが、いくら安く買いたくても売ってくれる人がいなければ買えませんし、高く売りたくても買ってくれる人がいなければ成立しません。

その辺りの読み合いが重要になります。
もちろん、株を買う企業を選定する際に、その企業の業績や事業内容、各種指標をチェックすることは必須ですが、それと同時にいざ株を買う(あるいは売る)となった際には、その企業とではなく、投資家との取引になるのです。

株式投資をする以上、誰もが稼ぎたいと思って取り組みます。
しかし、現実的には儲かる人がいる一方で、損する人がいるからこそ成り立っているとも言えます。

勝率100%はあり得ません。どんな投資家であれば、多かれ少なかれ失敗を経験し、そこから成長するものです。
この辺りの考え方は会社経営と似ていますが、必ず勝つ人があれば負ける人もいることを忘れてはいけません。

株で稼ぐためには値上がり益を狙うのが一般的ですが、その裏にはこうしたマインドセットを持っておくことも重要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA