プロフィール

初めまして。個人投資家のTatsuと申します。

個人投資家と言っても本格的に株式投資に参入したのは2019年4月という超後発とも言える人間です。
しかし、後発かどうかは他人と比べるものではありません。その証拠に日本国民の100%が株式を保有しているわけではありませんし、2019年は平成から令和に変わる新時代を迎えるわけですが、そんな時代でも未だに株式投資をしていない人はたくさんいます。
もちろん、上を見ればキリはないですが、重要なことは自分自身がどこで始めるか、ではないでしょうか。

さて、私自身が先発か後発かは置いておいて、2019年から本格的に株式投資をするようになったきっかけをお話します。
まず簡単に私の経歴をお話しすると、2012年に大学を卒業し、4年弱ほど社会人を経験、その後2016年に独立して個人事業主となり、2017年10月に法人を設立しました。法人と言っても合同会社という小さな会社ですが、一応経営者として自分の事業を持っています。

初めて株に触れたのは社会人になってからです。
社会人生活に少し慣れて余裕が出来てきたころ、ありがちな理由ですが「給料だけでは不安だから他に稼ぐ方法を身に付けたい」という理由から少しずつ株の勉強をしたり、実際に証券口座を開設して株の売買をしていました。
当時はマネックス証券の口座を開設し、三越伊勢丹や丸井といった身近にある会社の株を保有していました。時期にすると2013年~2014年の約1年ほど触れており、その間に株主優待を受けたり、配当金を受けたり、最終的に売却して利益が出たので売却益を得ることはできました。
しかし、実際のところ本業が忙しくなって徐々に株に触れる時間は減り、最終的には面倒になって辞めてしまった、という経緯で一度ストップしています。

一応、トータルで黒字にはなりましたが微々たるものでしたし、その時に学んだことは「株式投資をするなら、ある程度まとまった資金がないと難しいな」と感じました。

それからは本業に専念し、自分の事業を持つため(独立・起業するため)にビジネスに集中し、気付けば独立して4年程になりました。

もちろん、今現在も自ら経営する会社の事業を伸ばしていくことを中心に日々仕事をしていますので、サラリーマンの方と同じように本業はあります。
しかし、今後の人生を考えたときに「資産」を持っておく必要性をヒシヒシと感じるようになり、再び株式投資への意欲が湧いてきました。

このブログでは私自身の株式投資の成果や具体的な手法、考え方なども書いていきますが、それ以上に株式投資へ時間を割く中で必要不可欠な「勉強」を発信していきます。

どんなビジネスでも投資でもそうですが、取り組むにあたって「勉強」は必要不可欠です。
中には勉強は嫌い、直観を信じる、といった人もいるとは思いますが、少なくとも私は本気で株式投資と向き合っていきたいと考えています。
これは自分自身がサラリーマンから独立起業した経験からも言えることです。今の時代は独立起業しようと思えば割と簡単に出来る時代です。
その恩恵を私自身も受けていると感じています。
とはいえ、知らなければいけないこと、学ばなければいけないことは山ほどあります。それは今現在も同じです。

起業したばかりの頃は当然ですが本業に専念し、それだけで精一杯でした。今現在も決して安定しているとは言えませんし、いつ何が起こるかは分かりませんが、一時期よりは少し良い意味で落ち着いてきたことと、私自身の中で投資に関する必要性が自然と増してきたことが言えます。

冒頭にも書いたように、私はまだ株式投資に関する経験は浅く、実績も無ければ知識も薄いです。
しかし、せっかく自分が学んだことをただ何となく実践するのではなく、こうしてブログに書き留めておき、将来の為に発信していくことも資産構築の1つだと考えています。

こうした想いから、実績も知識も無い人間ではありますが、ブログを活用して情報発信をしていくことを決めました。